忍者ブログ
2008年発行の京園アンソロジー企画サイトです。  2017年現在も通販受付中!   管理人の過去SSも展示してます。 ※2017年末で閉鎖を考えてます。
カテゴリ内検索
★必須アイテム★
最新刊出るよ! 名探偵コナン 82 (少年サンデーコミックス) 名探偵コナン 81 (少年サンデーコミックス) 名探偵コナン (Volume22) (少年サンデーコミックス)
名探偵コナン (Volume33) (少年サンデーコミックス)
名探偵コナン (Volume52) (少年サンデーコミックス)
劇場版 名探偵コナン 沈黙の15分(クォーター) スペシャル・エディション(初回限定盤) [DVD]
with Ajax Amazon
Twitter
たまにコナンネタ呟いてます(^・^)
最新コメント
カウンター
ご来場 ありがとうございます!
通販申し込みはこちら
カレンダー
11 2017/12 01
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31
ブログ内検索
プロフィール
HN:
中島かえる
性別:
非公開
バーコード
P R
[15] [16] [17] [18] [19] [21] [22] [23] [25] [26] [27
ということで、八年ぶり登場に、自分内京園魂が燃え滾っております!!!
嬉しいうれしい嬉しいっ!
一応シリーズ完結したものの、次号予告に気になる文字が・・・!
シリーズ続投ほんとうでしょうか。
嘘予告だろうと期待しないで待ってます・・・嘘です、めっちゃ期待しちゃってます。

以下、妄想入り混じった展開予想なので折りたたみます。



この雨の季節ってことは、五月下旬~六月ぐらいの話なのかと予想してます。
二月に告白して夏につきあってるってことは学年変わってるわけだけど、
そこはもうサザエ時空ってことで納得して・・・
六月となると、京極さん留学先の長期休暇で帰ってきてるのかなと。
テニスデートの前フリからほぼ一年、まさかこんな幸せ展開がきてくれるとは思いもせず
浮かれてましたが、それにしては今回見せ場少なかったよね。
・世良と対決
・謝り言葉「かたじけない」(かなりツボッた)
・完 全 な る 恋 人 関 係 !!!
・どうどうたる天然披露
・応援されると緊張して力加減が出来ない事実発覚
・園子にかばわれ、常に頬を染めるデレ炸裂
・雨に濡れないよう手のひらで園子をかばおうとする京極さんとはしゃぐ園子
・急で勝手な思い込みにより、事件解決から遠ざかるマイペースぶり発揮
 (現場にいたら眠りの小五郎バレする危険避けだろうが、ちょっと強引すぎる気も・・・)
色々なお約束もあるとはいえ、新しく発覚した事柄はこれくらいでしょうか。
全然関係ないが、今回「動物柄」の服はコナンが着てました。
友達に指摘され、ワロタ。

次回以降、キッドとの対決が実現するのだとすれば、
もしかして作者先生、京園まとめにかかってるのかなと。
そう考えると結構腑に落ちます。
高佐くらいの進展は期待・・・できるかもって・・・(妄想でドキドキですよ!)
私としては、少女マンガの天下の王道お約束、
『ハプニングでするつもりのなかったキスをしてしまう』
をぜひとも推したい!
京極さんキッドに敵対心メラメラ→キッドは面白半分でちょっかい
→園子をなんらかの手段で拉致ろうとするも、間一髪京極さんが助ける
→そのドサクサで倒れこんだ拍子に唇が重なる
→思いがけない展開にパニックになる京極さん
 (とコナン「まさか園子にさき越されるなんて・・・っ」)
→謝り倒す京極さん→園子ニコニコ、ますますラブラブ
→キッド「俺はキューピッドかよ」
みたいな展開いかかでしょうっ!?
 (誰に向かって言ってるのかもはや不明)
作者先生ならありえると思うんだよなあ、ど少女マンガ展開
ドサクサ部分でアクションもありだしそれ以外でキスはないだろうし、
役回りもあってると思うんだよねえ
まあ、嫉妬のあまり、京極さんが園子を自分のもの宣言してみんなの前でキスとかも、萌える?
つか、私があまりに京園脳過ぎてご都合主義入ってますかね
冷静に他の展開考え付かないんだよなあ

こういう思考がSS創作につながるわけです。

本当は出てくれるだけで嬉しいんですよね。

燃料ありがたやありがたや~

拍手[9回]

PR
この記事にコメントする
お名前
タイトル
文字色
メールアドレス
URL
コメント
パスワード   Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
Copyright (C) 2009 京園アンソロジー Wild & Honey, All right Resieved.
*Powered by ニンジャブログ *Designed by 小雷飛
忍者ブログ / [PR]