忍者ブログ
2008年発行の京園アンソロジー企画サイトです。  2016年現在も通販受付中!   管理人の過去SSも展示してます。
最新記事
カテゴリ内検索
★必須アイテム★
最新刊出るよ! 名探偵コナン 82 (少年サンデーコミックス) 名探偵コナン 81 (少年サンデーコミックス) 名探偵コナン (Volume22) (少年サンデーコミックス)
名探偵コナン (Volume33) (少年サンデーコミックス)
名探偵コナン (Volume52) (少年サンデーコミックス)
劇場版 名探偵コナン 沈黙の15分(クォーター) スペシャル・エディション(初回限定盤) [DVD]
with Ajax Amazon
Twitter
たまにコナンネタ呟いてます(^・^)
最新コメント
カウンター
ご来場 ありがとうございます!
通販申し込みはこちら
カレンダー
05 2017/06 07
S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30
ブログ内検索
プロフィール
HN:
中島かえる
性別:
非公開
バーコード
P R
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

 真は割と土産マメなほうである。
 海外への遠征が多いのもあるが、少し長期ならば必ず、そうでなくても移動中にふと目に入ったケーキや小物を園子のために買って帰る。
 園子はそれをとても喜んで、真に抱きついて感謝の意を示すのだ。
「ありがと~! 嬉しいっ! 真さん好き! 大好きっっ」
 ケーキをほおばっては 「これ生クリームがすっごく美味しい~」
 アクセサリーを眺めつつ 「わたし、こういうのすごく好き。 どうしてわかったの?」
 そして真と出かける際に必ずきちんとコーディネートされ、大切にしてくれる。
 園子の発する言葉には裏がなく、とても素直で聞いている真のほうが嬉しくなってしまう。
 特に 「真さん大好き!!」 というのが何度でも聞きたくて、つい土産探しにも熱が入ってしまうのだ。
 今日も買って帰った洋菓子を見て園子は満面の笑顔を見せてくれた。
「やんもう! 真さん好き好き!!」
 ぎゅうっと抱きついてくる園子を真も笑顔でぎゅっと抱きしめる。
 こうして喜んでくれるならば、なんでもしてやりたいと思ってしまう。
 自分の出来得ることならば、どんなことでも。
 玄関口で抱擁を終えると、いつも園子は土産を手にいそいそと踊るような足取りでキッチンに向かう。
 しかし、何故か今日はゆっくりと体を離し、ねだるような視線で真を捉えた。
「真さんもわたしのこと好きだよね?」
「も・・・勿論です」
 突然の質問に驚きながらもきっぱり答える。
「じゃあ言って」
「・・・はい?」
「たまには声で聞かせてよ」
 園子の要求に、真はうっと口ごもる。
 実は、苦手だ。 面と向かってそういう直接的なことを口にするのは。
「好きだ」 と言うだけでいいので簡単だと園子は思っているのかもしれないが、それは真にとって難しい。
 照れてしまって、園子の顔が見れなくなってしまう。
 そして、そのたった一言にこの想い全てを託すことはもっと難しいことなのだ・・・。
 なんといったものか顔を赤くし、目を白黒させてあせる真を見て、園子がこらえきれずにくすっと笑った。
「ごめんごめん。 もうっ、真さんてば照れ屋なんだからー!」
 ばしっと真の肩を叩いて、園子はくすくす笑い続ける。
「すみません・・・」
 園子が許してくれたのにほっとして真は頭をかく。
 園子の望みには全て応えてやりたいが、これだけはどうしても苦手だった。
 それを園子はわかってくれている。
 そのことが嬉しくて、そして念を押しておきたくて、真は言った。
「・・・甘い言葉はベッドで囁くほうがいいでしょう?」
 途端に園子が笑いをとめて硬直する。 顔がみるみる赤く染まっていく。


 苦手とするその言葉より、よっぽど臆面のない自分の言葉に真は気付いていない。




*****了******060530up

拍手[10回]

PR
Copyright (C) 2009 京園アンソロジー Wild & Honey, All right Resieved.
*Powered by ニンジャブログ *Designed by 小雷飛
忍者ブログ / [PR]